真崎真幸のブログ

元おっさんレンタルの週末ライター

MENU

モモコグミカンパニー『目を合わせるということ』読んだ

【スポンサーリンク】

f:id:enough58:20180411221947j:plain

どうも、行かなくちゃ 化物だって 気にすんな 真崎(@masaki_ossan)です。

 

最近の私はWACKアイドルがお気に入りでありまして

その中でもBiSHさんは神としてお慕い申し上げております。

 

BiSHのメンバーの1人『モモコグミカンパニー』さんが

先日エッセイを出したのでサササッと購入して読みましたので

今回はその感想を簡単に。

 

BiSHをご存知ない人が聞いたら、ハア?!となる名前の

モモコグミカンパニーさん

 

  • 見た目がそこら辺歩いている若者
  • そもそもアイドルに興味なかった
  • 興味本位でオーディション受けたら合格した
  • 歌もダンスも苦手で苦痛だと思っている

 

こんな属性の女の子です。

 

そして、メンバーの中でも大の本好きで

歌詞も複数手がけている文才ガールなのです。

 

この本は彼女がアイドルになるまで、なってからの

苦悩と葛藤と感謝が綴られています。

 

ある日ひとつの好奇心に素直に従ったら人生変わっちゃって

自分の知らない人から知られる人になった女の子。

 

きっかけはいつも些細なことなんだろうね

そこから物語がはじまるんだから人生って素晴らしいよな。

 

詳しい中身はネタバレにもなるから割愛~

サラッと読めるのでカフェ等で読んでみて。

 

エッセイって良いよね。

人の人生を共有できたり覗けたり

私は好きですエッセイ。

 

これからもモモコグミカンパニーさんを応援します。

目を合わせるということ

目を合わせるということ