真崎真幸のブログ

パンケーキ under the sky

MENU

好きを語る『アブノーマルプレゼン大会』ってなに?

【スポンサーリンク】

f:id:enough58:20190616143442j:image

広島は梅雨入りしたのか。テレビを見ないので分からないが当日は大雨だった。

このまま大雨だったら行くのやめようかな?くらいの薄情な気持ちがあったかもしれないが、夕方には雨は止んだ。良かった。薄情なことにならなくて済む。いったい何のイベントへ参加するつもりだったのかというと…

 

f:id:enough58:20190616143828j:image

これだ。掲示板に貼ってあるやつ。あら、小さくて見えないか。


f:id:enough58:20190616143821j:image

第1回学校で教えてくれないこと、こんなテーマのプレゼン大会があってもいいんじゃない!?通称『アブノーマルプレゼン大会』を観覧しに来たのだ。

10、20代の若者が自分の好きなものをプレゼンする大会らしい。イベント自体は知っていたけど私は30代おっさんなので参加を諦めていた。すると友人からお誘いがあり、運営からの許可を得て観覧できることになった。その際に取材のテイで参加したのでレポート記事を書きます。そう、今読んでるこれがそれだ。個人ブログですんません。

 

f:id:enough58:20190616144759j:image

会場はほぼ満員。思ったより参加者が多くて嬉しくなった。皆さん若い。若いっていいな…きっとカラオケオールしても平気なんだろうな…私がカラオケオールすると内臓が簡単に死ぬ。(登壇しているのは代表で進行役の木村さん)


f:id:enough58:20190616144752j:image

1人10分から15分の持ち時間で自分の好きをプレゼンする。ここでは人の好きを否定せず受け入れることがルールだと代表の木村さんが説明していたのが印象的だった。そう、ここはやさしい空間なのだ。ひとりひとりの好きが肯定されるスペースなのだ。

プレゼンスタート

f:id:enough58:20190616144756j:plain

ゆるキャン△が好きすぎてキャンプにはまった人のプレゼン。今まで行ったキャンプ地を紹介しながらニコニコ顔でゆるきゃん△を推すのが印象的だった。本当にキャンプが好きなんだな。ゆるキャン△が好きなのか?ともかく嬉しそう!最後はマツダ社員の言葉を借りて行動することの重要性を語りプレゼン終了。場内のBGMがたまたまエモい曲で聴衆を沸かせた。本当に偶然に。神風吹いたね。ところで△ってなんなん?


f:id:enough58:20190616144744j:image

広大トイレ研究会。身近にあるトイレに注目しよう!と語るプレゼン。トイレの床の進化や多目的トイレの進化を説明してくれた。トイレのことを「作品」と呼んでいた。トイレ好き過ぎるだろ。とても詳しく調べられていて感心した。彼がトイレについて記事を書いたら自由ポータルZにきっと入選するだろう。


f:id:enough58:20190616144737j:image

バーチャルユーチューバー大好きプレゼン。我々が生きている今この瞬間にもバーチャルユーチューバーは進化しているらしい。変化の速いカルチャーで、もはやユーチューバーのひとつの枠から超えたカルチャーになっていると説明してくれた。はやくバーチャル彼女を開発してくれ。それまで寝て待つから起こしてね。未来に期待。


f:id:enough58:20190616144741j:image

古着の魅力をプレゼンする彼女。なんと前日にパソコンが故障してパワポデータが吹っ飛んでしまったらしい。当日はフリップのみでのプレゼンを決行。思い出しながら自分の言葉でプレゼンする姿に思わず「頑張れ~!」と思いながら聞く。私だったらデータが消えたら寝込むと思う。欠席は不可避。彼女はそうしなかった。強い!女性は強い!

 

プレゼンの写真はここまでしか撮ってなかった。他にも資格取得が得意な人の学びサポートのプレゼン。鳥人間サークルを辞め、昔から好きだったレゴのサークルを作った人のプレゼン。都会住みより田舎住みをススメるプレゼンもあった。どれも面白くて嫉妬した。私も語るほどの好きが欲しい!プレゼンしたい~!!

結果発表

f:id:enough58:20190616144804j:plain

すべてのプレゼンが終了し投票に入る。この写真はどんぶりにキッチンペーパーを被せた即席の投票箱だ。それぞれ良かったと思うプレゼンターへ票を入れていく。 

 

 まさかのデータ喪失ガールが優勝!確かに度胸と胸を打つプレゼンであった…。個人的にはゆるキャンとレゴサークルが面白かったな。

プレゼンを観た感想は「みんなすごい!若者すごい!好きっていいな~!」

そしてこのような発表の場があることが羨ましかった。私も若い時にこのような…おっと!おっさん感丸出しになってしまった。タピオカタピオカっと…

アブノーマルプレゼン大会と言ってもそんなにアブノーマル感は強くなかったが、プレゼンターのパッションが感じられるとても良いイベントだった。是非これからも続けて欲しい。今日のプレゼンも面白かったが、どんどんブラッシュアップして洗練されたプレゼンもそれはそれで素敵なはずだ。

若者たちよ!がんばってね!ありがとうごじゃりました。

 

【今回のプレゼン会場】

www.saigokukai.com