マサキマサユキのブログ

ココロとカラダ、にんげんの乱舞

MENU

ヤマザキショップっていいな

【スポンサーリンク】

とつぜんですが…

 

いいよね~~~ヤマザキショップ!

 

まずはこの記事を読んでほしい。

いきなり他メディアへ誘導するとは正気か?大丈夫いつも通りに世界は見えてる。むしろ調子は良い。

いまヤマザキショップが密かに注目されている。横並びのルールと不公平なインセンティブに縛られた大手コンビニチェーンとは対照的に、各店舗の自主的なサービスと独自のアイディアを採用してくれるヤマザキショップに実は理想のコンビニなのでは?とみんなが気付きはじめたからだ。

今回は冒頭の記事2本を読んですっかりヤマザキショップが好きになった私が実際に訪問したヤマザキショップを紹介したいと思う。店内写真はもちろん許可を頂いて撮影しています。この寛容さがヤマザキショップの良さを表しているね。

 

f:id:enough58:20191015210314j:plain

 私の町にもヤマザキショップは存在するが、大手コンビニチェーンのように石を投げれば当たるような店舗数ではない。なので下調べして訪問するのがコツだ。下調べというのはインターネット検索のことだが、なぜかヤマザキショップはグーグルマップの検索にヒットしない店舗がけっこうある。ではどうするか?

 

f:id:enough58:20191019114937j:plain

MapFanで検索する。

私の住んでいる広島県のヤマザキショップ一覧がこれ。グーグルマップは万能だと信じて疑わなかったが、このような事例もある。グーグルにも気付かれない店が存在するのだ。なんだかワクワクすっぞ!

 

f:id:enough58:20191019122618j:plain

ヤマザキショップの看板。赤とオレンジが親しみやすく、なぜかレトロな感じがして好きだ。こういうのでいいんだよこういうので。

たまに友人が「ヤマザキショップあの町にあったよ!」と親切に教えてくれるが、大体デイリーヤマザキだったりする。デイリーヤマザキは『D』のマークでヤマザキショップは『Y』。友よありがとう。でも違うんだ。

f:id:enough58:20191019125546j:plain
【デイリーヤマザキの看板】

 

f:id:enough58:20191016001451j:plain

店内の様子。このショップはお世辞にも品揃えが良いとは言えない。

しかしそんな状況を『伸び代がある』と受け取ってみるのはどうだろうか。有名なアニメソングを思い出してほしい。『棚カラッポのほうが夢詰め込める』のだ。

 

f:id:enough58:20191019130245j:plain

ヤマザキショップにどこにでもあるコンビニを求めてはいけない。むしろ「ほほお…このパターンね」と受け入れる寛容さを持ってほしい。

 

f:id:enough58:20191019130249j:plain

このお皿…日本三大祭りのひとつ『ヤマザキ春のパン祭り』の皿なのでは?ここはヤマザキショップ。その可能性は否めない…

 

f:id:enough58:20191019114123j:plain

アイスケースに故障の貼り紙が。最近のものでは無い様子。つまりアイスクリーム販売は終了したのだ。選択と集中をコンビニの中でみた。

 

f:id:enough58:20191019112419j:plain

ヤマザキショップは独自のサービスが各店舗にあるのが魅力のひとつ。

なんとこのショップは角打ちコーナーが設置されている。上からぶら下がってるのは前掛け?のれん?

角打ち (かくうち)とは、

酒屋の店内において、その酒屋で買った酒を飲むこと。また、それができる酒屋のこと。本記事ではこれについて記述する。
また上記意味合いから、安く飲むことができる立ち飲み屋を「角打ち」と表現する店もある。
枡で酒を飲むこと。

角打ち - Wikipedia

 

f:id:enough58:20191019112400j:plain

オーナーに話を伺うとこのショップは元々酒屋だったとのこと。お客さんはおつまみとチューハイをレジで購入してこのコーナーでしっぽりと飲む。イートインスコーナーはよく見かけるが角打ちコーナーは珍しい。消費税率はどうなるかって?そんな細かいことはいいんだよ。まさか…正義マン?

 

f:id:enough58:20191019124124j:plain

キープもできる。

 

f:id:enough58:20191019130348j:plain

このテーブルは酒屋だった当時の看板。ヤマザキショップは元酒屋だったり元タバコ屋だったりするショップがあって、ルーツがそれぞれ違うのが個性的で楽しい。

 

f:id:enough58:20191019130417j:plain

常連さん来店。手際よく酒を購入して角打ちがはじまった。いつもの光景だ。見れてなんだか嬉しい。いいなあ角打ち。オーナーと世間話をしつつ、ストロングゼロを3本買って私は次のヤマザキショップへ移動することにした。

 

f:id:enough58:20191019130452j:plain

本日2軒目。このショップは創業した当初からヤマザキショップで営業している正道派。

 

f:id:enough58:20191020163347j:image

店内でパンを焼いている。

 

f:id:enough58:20191019130523j:plain

入店すると手作りパンが並ぶ棚がお出迎えしてくれる。この棚を見ているとなんだか落ち着きませんか。

 

f:id:enough58:20191019130801j:plain

お化けパン。ハロウィンシーズンだから?シーズンごとにこの棚にはキャラクターパンが並ぶと思うと通いたくなるね。

 

f:id:enough58:20191019130834j:plain

スポーツ新聞と水槽が並ぶことってあるんだ。奇跡の風景。(風が強い日は新聞を店に入れているとのこと)

 

f:id:enough58:20191019131051j:plain

グッピーが泳いでいる。この魚たくさん子供産むから大変なんじゃないかな?とオーナーに尋ねると「増えたり減ったりしてます」と言われ、それ以上疑問を持つことをやめた。

 

f:id:enough58:20191019130559j:plain

店内に駄菓子コーナーがある。もともと近所に駄菓子屋があったのだが店主の高齢のため閉店。寂しがる子供達のためにオーナーが駄菓子コーナーを新設したらしい。こんな心温まるエピソードもヤマザキショップの魅力のひとつだ。

 

f:id:enough58:20191019131014j:plain

地域密着型というフレーズはよく耳にするが実際の経緯を聞いてみると現実味を感じられて良かった。オーナーと話ししている途中にも駄菓子を買いに親子が来店していた。地域に信頼されたヤマザキショップ。これからも元気に営業してほしい。

お化けパンを買って私は次のショップへ向かった。

 

f:id:enough58:20191019130700j:plain

本日3軒目。少し足を伸ばして郊外型店舗へ来た。あれ?様子が…

 

f:id:enough58:20191019130702j:plain

閉まってる!!今日は日曜日。日曜って掻き入れ時じゃないのか?営業日も17時すぎで閉店!

日曜休みはコンビニの常識として考えると異例だが、ヤマザキショップではそんなに珍しくない。あらら…ざんねん…

 

f:id:enough58:20191016002934j:plain

どこにでもあるコンビニじゃないし、どこにでもあるコンビニの品揃えでもない。それでも訪問したい魅力がヤマザキショップにはある。もしあなたの生活圏にヤマザキショップがあれば入ってみてほしい。小さな驚きと発見がきっとあります。

私はこれからもヤマザキショップを見かけたら入店してみるぞ。単純に楽しいからね。

 

【追記:東京遠征時にレコードコンビニさん訪問】

 自由ポータルZ載りました

dailyportalz.jp